保坂研究室の目指すもの


研究から広がる未来

  多様な微生物の機能(ゲノム機能や化学機能等)への理解を深めながら、有用性の高い化合物を微生物の二次代謝産物から探索し、その構造的特徴や作用機構を解析することは,創薬研究の拡大と発展に大きく貢献すると考えられています。保坂研究室では、微生物由来の二次代謝産物から医薬品を開発するための画期的な技術革新を実現させ、限りある生物資源の高付加価値化と有効利用の促進を目指しています。




卒業後の未来像

  微生物実験や分子生物学実験、さらには生化学実験を通して、微生物の機能を細胞および分子レベルで理解できるようになり、食品・医薬品分野における微生物資源の利用促進に向けた最新の知見や技術が身につきます。卒業後に食品・製薬関連の企業等で活躍できる人材の育成を目指しています。